必ず神様と聖霊様と主と対話しながら祈りなさい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

必ず神様と聖霊様と主と対話しながら祈りなさい!
そうしてこそ「あなたを通して何をすることを願うのか」を
あなたが知るようになるのだ。
-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. <体>で数か月かけてやらなければならないことであれば、<機械>でやるほうが知恵だ。 <神様と聖霊様と御子がなさること>は「機械」ですることと同じだ。<人間自ら>やろうとしたら、「自らの体」で大変な思いをして、数か月もかけてやらなければならない。だからどれほど知恵がないか。 時間がないから、「自分の体で汗を流してやるべき時」ではない。祈って「神様と聖霊様と御子の働きかけでやるべき時」だ。 時間がないのに「自分の力と能力と努力」でやったのでは、ちゃんとできないし、遅くて、やっても失敗だ。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
  2. 神様が御言葉で天地を創造なさった
  3. <自分の行ない>が「言葉」になって、神様の耳に入る。 自分が行なってこそ、それが言葉になって、天に上がって神様に聞こえる。だから大変でも行ないなさい。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
  4. <表現>を間違ったら、実際はそうでないのに認識が「よくないように」変わる。これと同じく、<心と考え>はそうでないのに「行ない」を間違ったら、みんな見て「よくないように」認識が変わるようになる。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
PAGE TOP