時計の核は「時間」であり、「時」です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<時>が本当に大事だから、神様は<時間>を見て前もって準備し、<時>に合わせて行なうようにと、人間に知恵を与えて「時計」を作らせました。

時計の核は「時間」であり、「時」です。
高価な時計をはめていても、「時間とすべき時」を守れずに生きたら、高価な時計を持っている甲斐がありません。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. <同じ仕事>をしても、「方法」によって、‐速くやったり、遅くやったり、うまくいったり、うまくいかなかったりもする。 <方法>が「知恵」だ。 自分が好きなとおりにその道にばかり行こうとしないで、「他の方法の道」に行って成し遂げても、「目的地」は同じだ。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
PAGE TOP