相手を嫌う気持ちがある時は、自分の間違った心のとおりに判断する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<自分の心と考えの性能>が非正常だとか、悪感情がある時や、相手を嫌う気持ちがある時は、自分の間違った心のとおりに判断する。
だからその話を聞く人たちもその影響を受けて、同じく間違ったとおりに見て感じて判断するようになる。

各自「視力」が違うように、「心と考え」が違う。自分の目でもう一度見て、自分の考えでもう一度見なさい。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
キリスト教福音宣教会のRIOです。
東京郊外生まれ&育ち。数年前からつくば市に在住しています。職業は、子供関連の仕事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. あなたはあの天の門をたたきなさい。そうしたら全てが解決できる。その門は根本者、エホバ神様でいらっしゃる。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
  2. 否定か肯定か どちらを信じて行動するか
  3. セミの幼虫くらいでも動けば死を免れることが出来る。失敗したければ信じるだけにして、成功したければ・・・
PAGE TOP