<機会>は「行いながら」待たなければならない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<機会>は「行いながら」待たなければならない
最高に力いっぱい努力し、準備してこそ
その日が来ても後悔しない

機会の時には受けるものがとても多い!

運動選手がオリンピック競技のために最高の準備をしたなら
その競技は成績が良くても悪くても
自分にとって最高の競技として残るようになるし、
最高の経験として残るようになるし、
失敗しない技術、方法までも会得するようになる

だから最高に行えば
機会の時に最高に得る

その結果がどうであろうが、最高に!得ることが「機会」だ

この時代を、この時を、この機会をどうか悟ろう。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 人間の考え―詩
  2. 内に秘めていないで、顔を見ながら、真実に話しなさい。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
  3. 夫婦仲でわだかまりがあり、親子の間でわだかまりになったものがあるのに、家族で一緒においしい食べ物を食べるからといって解けるでしょうか、一緒に水遊びに行って、思いきり遊ぶからといって解けるでしょうか。 もちろんその時は、その環境に浸って一緒に交わり、食べて、遊びます。 しかし「根本の心」は解けなかったので、家に戻って来たら、また心が合わなくて喧嘩をします。 おいしいものを食べても、一緒に交わって遊んでも、必ず「互いに対話」して解くべきことを解いてはじめて<和睦>が成されます。 -摂理 キリスト教福音宣教会 2016年7月24日 主日の御言葉より

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP