祈りの言葉ー食事の前のお祈り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が食事の時に祈る祈りです。
毎回決まった祈りではありません。
そのとき、心におもうことを祈ります。

 

神様、感謝します。
こうやって私が飢えない様、霊魂肉、全てを満たしてくださっていることに心から感謝します。
人々を通して神様が与えてくださいました。
農家の方をはじめ、料理を作ってくださった方々の上にも、主の祝福が満ち溢れることを心から願います。
この食事を食べる人全ての健康が守られることを祈ります。
主の御名によって祈ります。アーメン

 

私が祈る時は短めです。
長い人もいます。
どちらが正解とかはありませんが
摂理の先輩は
「代表祈祷のように長く祈っていたら、ご飯冷めちゃうよ(笑)」
と話していたことがあります(笑)

 

何故食事の前にお祈りをするのか

いくらお腹が空いても
御飯をひと匙すくう前に
あなたは先にその方を想いなさい
そして感謝しなさい
そうでないと不平不満
さまざまな争いが起こるだろう

急ぐとしても
初めの一口を噛みながら
あなたは先にその方を想いなさい
そして感謝しなさい
そうすると食欲が出るだろう
舌触りも良くなり
御飯が薬になって万病を治し
健康になるだろう
霊魂は喜び
鷲のごとく新しい力を得て
あの高い空まで
飛び回るだろう

鄭明析牧師の詩 その方を想う より

 

全能なる三位一体が「人間が生きられる土台と状況」を作ってくださったから、それが大きく大きいです。
神様が人間に太陽を与え、地球世界を与え、水を与え、空気を与え、地を与え、万物をくださったから、人間が苦労して生きたとしても、生きられたのだ。‐これが生の楽しみです。

 

いくら他の苦労と困難がなくても、‐<生の絶対の基本>である太陽や、水や、火や、空気や、地の中の一つがなくなるなら、その時は本当に生の味も、楽しさもなく、徐々に終わります。

全能なる神様が「人間が生きられる土台」を全て作ってくださったから、苦労しても、大変でも、人間は生きられるし、生きる楽しみがあります。苦労しても、苦痛を受けても、生きられるから、どれほどいいでしょうか。

神様は人間が生きられる「宇宙、地球、太陽、空気、水、火、万物」を創造してくださり、人間が生きられる「適切な気候と温度」をくださいました。

 

だから人間が苦労して生きるとしても、神様を恨んだら、逆賊であり不法者になってしまいます。<生きること>は「自分の生」だから、自分が研究して努力しながら熱心に生きればいいです。

 

人間が持って生きられる「体」までくださったから、神様がくださらなかったとうらむ人は無知な人であり、そのような人はむしろ神様を憤らせて、もっと得ることができなくなります。苦労しても、困難があっても、大変でも、「生きられる体と土台と状況」があることに感謝し、「生の楽しみ」とは何なのか悟りましょう。 信仰もそうだし、引き上げの生もそうです。
2016年7月18日月曜日明け方の箴言より

投稿者プロフィール

RIO
キリスト教福音宣教会のRIOです。
東京郊外生まれ&育ち。数年前からつくば市に在住しています。職業は、子供関連の仕事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 摂理の献金 お金の行く末
  2. 平和を作り出して行く人達と不満を抱いて生きていく人達とは、あまりにも大きく運命が変わるということを、私達はみんな体験してきたことです。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師 2001年4月1日主日礼拝の御言葉より
PAGE TOP