[Word]救い主が来られたー2001年クリスマス(2)

2001年12月23日 主日礼拝「救い主が来られた」より抜粋
ルカによる福音書2:8-14
続き

あわせて読みたい
[Word]救い主が来られたー2001年クリスマス(1) 2001年12月23日 主日礼拝「救い主が来られた」より抜粋 ルカによる福音書2:8-14 救い主を信じて救い主の生まれを祝うようになったから、本当に栄光であり、喜ばしいこ...

 
聖句通り、天の使者達が野原で羊を飼っている人達に現れて、彼らに言いました。「あなた方の為に、ダビデの町に救い主が生まれた」と喜ばしき知らせを伝えました。羊飼い達はみんな、突然現れて教えてくれた天の天使達の言葉を聞いて、タビデの町に行ってみたら、飼い葉桶に子供が寝かされていました。羊飼い達は拝み、感謝し、手を叩いて迎えました。

また、イエス様が生まれた所に光が照らされるようにすることで、遠く東方で星を研究していた学者達がその星を見て、来て、イエス様に黄金・乳香・没薬を捧げました。イエス様が生まれたことは、天の使者達を通して伝えることでわかるようになったし、また自然のしるしを見せることでわかるようになりました。

今の時代にも、神様がメシヤについて知らせて下さり、人々を通して御言葉を伝えてあげなければ、イエス様のことをわかって知ることはできません。

自分を救うためにメシヤが来たという知らせは、世の中で最も喜ばしき知らせだと言うほかありません。その喜ばしき知らせを伝える人達は、本当にやりがいのある人達です。もし悲しい知らせを伝えなければならない使命をもらったなら、伝える人の心がまず悲しいだろうし、伝えにくい立場ではないでしょうか。

神様が私達の為に救い主を送ったから、私達はまずその救い主を迎え、その知らせを伝えていきます。東方の博士達がイエス様に黄金・乳香・没薬を捧げたように、私達は心と思いと命を尽くして、主と神様を愛していきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次