ゴールデン茶屋ー鄭明析牧師の詩

「ゴールデン茶屋」鄭明析

私がお茶を飲むのは
静かに一杯のお茶と
私の経緯を分かち合いたいからだ。

この世の暮らし
いくら忙しくても
お茶一杯は飲める
余裕は持って生きるべきだ。

お茶の一杯
生のお茶一杯だ。

天に仕えて生きて
摂理人とお茶一杯
主とお茶一杯
愛のティーカップは出たり入ったり
休む日がない。
 

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。
鄭明析牧師とは
鄭明析牧師の詩一覧
鄭明析牧師公式サイト
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる