「親の愛」ー鄭明析牧師の詩

誤解しても愛し
嫌っても愛し
憎んでも愛し

忘れて
考えることをしなくても
愛で一生接する

肉体を持った
人間なのに
どうしてあんなに
あの天の神の人に似て
変わらず
接するのか

– 鄭明析牧師の霊感の詩より
 

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。
鄭明析牧師とは
鄭明析牧師の詩一覧
鄭明析牧師公式サイト
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる