聖霊様を思うー鄭明析牧師の詩

<聖霊様を思う>
 
聖霊様を思うと、あまりにもきれいで、きれいで、きれいで、
聖霊様を思って、美しい女性像を買ってきたが、
聖霊様、喜んでいらっしゃいますか?

私にいつもおっしゃった。
美しいものをすべて
私を思いながら見なさいとおっしゃった。
聖霊様、美しい天と地の王でいらっしゃり
限りなく美しい存在者でいらっしゃる。

今日も美しいものを見ると
いつも聖霊様のことを思い出し、避けようがない。
聖霊様がおっしゃった。
この世で美しいものは、いつも私を思いながら見なければならない。
そうしてこそ、美しいものを正しく見ることができるのだ
とおっしゃった。

秋の夜、深まっていく。
聖霊様、色とりどりの紅葉を見て
聖霊様のように神秘的で美しいので
みんな聖霊様を思い出すようにと
この詩を書きます。
 
【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。
鄭明析牧師とは
鄭明析牧師の詩一覧
鄭明析牧師公式サイト

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる