縁ー鄭明析牧師の詩

「縁」
袖が触れ合うだけでも 縁だと言うのに
肌が触れ合ったら 縁
ただの縁ではなく 運命の縁だ
 
袖が触れ合えば 10年の縁
肌が触れ合えば 100年
心が触れ合えば 1000年間 一緒に暮らしていく
袖触れ合うだけでも縁なのに
肌が触れ合ったら ただの縁ではなく 運命だ
運命だ
 
袖が触れ合えば 10年の縁
肌が触れ合えば 100年
心が触れ合えば 1000年間 共に暮らす運命だ
そのとおりだ
 
神様に触れ合えば 一体 何年を共に
暮らす運命だと言うのだろうか
何年どころではない
 
永遠に 永遠に 縁を結んで
愛し合って生きる運命だ
 

詩人としての鄭明析牧師
鄭明析先生

1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる