愛する人の心ー鄭明析牧師の詩

photography of cat at full moon

愛する人の心ー鄭明析牧師の詩

愛する人は千里離れていても私の心を本当によく分かる。
気分を損ねたと今日はひっきりなしに電話をかけてくるなあ。
大丈夫だと言ったけれども、感じるものがあるみたいだ。
聖霊様の心情を持って私の心を見抜くから、私が感じる。
 
慰め人になって甲斐はあるが
愛する人の喜び、私の心に注ぎ込む。
秋の夜は愛する人の心のように色とりどり
私の心も愛する人の心も染まっていく。
 

詩人としての鄭明析牧師
鄭明析先生

1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる