信じるなー鄭明析牧師の詩

キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の詩 信じるな

普段は
言わない
固く誓って行くと言っても
行く途中で心が変わったら
つらいと言うし
うれしいと言う
自分の道を行くと言って
立ち去るから
信じないで接しなさい

渡し船は
海辺で
いつも自信満々でも
深い海に行けば
波にひっくり返る
分かり切っている
人生の渡し船
そうだ

現在は
海辺の雰囲気に
穏やかな波に
自信満々だ
深い海に行けば
波に
知らないうちにひっくり返る

軍艦でも
貿易船でも
みんな
肝に銘じなさい

– 2018. 1. 5 –

(霊感の詩より)
 

詩人としての鄭明析牧師(Pastor Jung Myung Seok)
鄭明析先生

1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる