[祈り]どういう時、一番祈りがよくできて、主と一番よく通じますか?

「どういう時、一番祈りがよくできて、主と一番よく通じますか?」と言って、これについて話してくださいと言います。
 
脳が空けられている時、主の心情が一番よく伝わってくるし、祈りの中で主と対話が一番よくできます。
 
脳が空けられているということは、脳を空けたということです。「脳を空ける」という言葉は、心を空けて、自分の肉性の考えをなくすということです。心を空けて、自分の肉性の考えをなくしてこそ、主が話をしてくださいます。
自分の脳つまり自分の心を自分の考えでびっしり詰めた状態で、主がおっしゃったら、自分の考え通りに主の御言葉を理解し、決定して、行ないます。また、主の御言葉を誤解して受け入れます。御言葉を聞いても、自分式、自分の方向、自分の方法通りに聞いて、行なうようになります。
 
自分の主観と考えをびっしり詰めて人々と話したら、やはり疎通がうまくできないことを経験したでしょう。主ともそうです。
 
2011年3月16日 水曜日 鄭明析牧師

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる