何であれ365日、毎日やれば多くのことをするようになる

大きなことは短い時間ではできない。大きな建物を数週間で建てることができるだろうか。この月明洞・自然聖殿を、数年間で開発できただろうか。

神様の歴史のことはどれほどだろうか。数か月、数年、数十年でできるだろうか。歴史は、一つの歴史が行かなければならない。

大きなことであればあるほど、多くの時間がかかるから、前もってやらなければならない。多くの時間、多くの日数を費やしてこそ、たくさんするようになる。

何であれ、365日、毎日やれば多くのことをするようになる。あまりに大きくてできない、不可能なことも、分けて毎日やればできる。

毎日たゆまずやれば簡単にできるし、全部やり終えた後には、ものすごく大きくやり遂げたことを見るようになる。

2017年 花の祝祭・閉幕式の箴言より

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる