「私は罪を犯してもう駄目だ。天国に行けない。」と

あなたたちの中で『私は罪を犯してもう駄目だ。天国に行けない』と言ってみだりに生きる人もいる。
何かをやっていて駄目になったら、諦めてみだりに行動してしまう。これが<人々の考え>だ。

<神様>は人々が諦めず、悔い改め、勇気を出して熱心にがんばって、必ず神様が願っている御心を成すことを願う。

あなたたちが『命の道』に行くことを諦めて、『どうせ<肉体>が終われば<霊魂>は地獄に行くから、もっと年老いる前に毎日食べて楽しんで遊ぼう』‐と言うけれども、それは違う。

<神様の考え>は『天』のように高い。<神様の考え>を聞いてみなさい。

<解決方法>は『ただこれ』です。悪かったと言いなさい。そうすれば神様は許してくださいます。二度と罪を犯すなとおっしゃいます。

-摂理 キリスト教福音宣教会 2016年7月24日 主日の御言葉より(参照)

イザヤ書1章 18節
主は言われる、さあ、われわれは互に論じよう。たといあなたがたの罪は緋のようであっても、雪のように白くなるのだ。紅のように赤くても、羊の毛のようになるのだ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる