言葉より行い

夏 トロピカル

行いの核心には言葉や思いがあり、言葉は絶対に軽視できません。

しかしながら、行った人には絶対にかないません。

自分がやってもないのに、何か人にものを言ったり、要望を出したり、心の中で人に対して何か良くないことを思ったり、評価したりということは私はしたくありません。

でもたまに、心の中に、ほかの人をみながら「何であのようなことをするんだろう?」と思うことがあります。
早くその膿を完全に無くしたいです。

要望を出す際には、それがたとえ自分の指導者であっても、自分より年下の人であっても
言うだけのことを自分がちゃんとやってるのかを振り返りたい。

最近、同じ教会の指導者も、そのようなことを切々と悟ったそうです。

私は行う人の背中を信頼します。
行う人の言葉を信じます。

そしてそのように自分もありたいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる