疲れたら

疲れたらその場から出てきて休むのではなく、仕事の場で休みなさい。疲れているからと言って仕事の場から出てきたら、仕事のリズムが崩れる。

一度仕事のリズムが崩れたら、そのリズムを取り戻すだけでもしばらく時間がかかるので、むしろ損だ。畑仕事の途中疲れたら、畝(うね)で休みなさいと言うことだ。木陰のもとで休んでいたら、疲れているから、眠って、日が暮れても気がつかない。

働き人は仕事の途中疲れたらその場で腰を伸ばして休む。そうしてこそ、仕事の神経が緩まず、心も緩まずに再び働く。

-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる