「現在の自分の姿」を見て落胆しないで

<神様の時代の歴史>も、ちょうど「小さいからし種一粒が落ちて大きくなること」のように、初めは小さかったけれどもだんだんと大きくなりました。

だんだんと大きくなって「違う人」になり、「違う世界」に行くようになります。
狭い山奥が「神様の命の宮」になるように、みんな大きく変化し、狭い山奥が「美しい自然聖殿」になるように、みんな大きく変化します。

だから「現在の環境」や「現在の自分の姿」を見て落胆しないで、勤しんで!持続的に!やらなければなりません。

-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の御言葉より

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる