悪人のことを恨まず、「自分たちのすべきこと」を熱心にやろう

悪人のことを恨まず、「自分たちのすべきこと」を熱心にやろう。<悪人たちが労苦したこと>は全て「義人たち」のためにくださる。神様は公義でいらっしゃる。
-摂理の箴言より

 

何かが起きた時、悪い側を恨みたくなり、攻撃でも仕掛けけたくなる(ΦωΦ)

 

でもその行為こそ、自分自身の有益な時間を与えてしまうことになり、良い結果が生み出されない。

 

最低限の対策と対応だけし
あとは「自分たちのすべきこと」に集中する。

 

私がそのように生きることができますように。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる