信仰と実践は大きな差がある その理由は

ローマ人への手紙10:10に
“人は心で信じて義に至り、口で認めて救いに至る。”と書いてあります。

 

つまり信じる人が義人であり、実践する人が救いを得る人だとおっしゃいました。
だから信じたら義人扱いを受け、実践すれば救いに至るから、信仰と実践は大きな差があるということです。

 

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる