正しい行いをするには

あることは間違った理論なのに、自分がそれを正しいと認めて、正しい理論と判断して認識して生きたら、自らその認識を捨てられない。

もっと理想的で正しいことを聞いて自分が認める時、その時に初めて、以前持っていた間違った理論を捨てるようになる。

脳に認識させ入力しておいたものを捨てなければそのまま行なうようになる。

だから脳が正しく認識し、脳に正しいものが入力されていてこそ、正しい行ないをするようになる。

-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる