<比較>はいつでもすることではない

<比較>はいつでもすることではない。
<神様がくださったもの>を「普通」に思って、<向こう側の他人のもの>を「大きく」思うから、その時、実相を悟るように「比較」して見るようにさせる。
比較したら、<神様がくださったもの>が大きく素晴らしく神秘だということを悟った。このような時だけ「比較」するものだ。

<自分のものがもっとよいのに劣っていると考える時>、この時「比較」して「自分のものがもっとよいということ」を悟るようにさせる。

<自分のものがもっとよくない時>「比較」したら、委縮し、むしろ力を失うようになる。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる