人間が神様の御心に逆らったときに、神様はどうするのか?

子供が親の意向と心情が分からず、拒否してやらなくても、親は考えが秀でているので、<自分だけが知っている知恵>で、「違った方法」ですべて行なう。
例えば子供が「いちご」を食べたがらないとしよう。ところが「牛乳」は好きだとしよう。親は「方法」を変えて、いちごに牛乳を入れ、ミキサーにかけて「いちご牛乳」を作り、子供自らが食べるようにさせる。

これと同じく、人間が神様の御心に逆らうとか、拒否してやらなければ、神様は<ご自身だけが知っている知恵>をもって数千数万とおりに「方法」を変えて、人間自ら行なうようにさせて、「神様の目的」を履行なさる。
そうしてすべてを話さず、終わらせる。人々が信じて従うとか、自ら次元を上げるとか、責任を果たしたら、あとで悟るようにさせ、神様と考えと行ないが一体になれば、話されることもある。

-摂理の御言葉より

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる