神様と聖霊様と御子は「時」を定め、その日その日<時>に合わせて、万物にも人間にも歴史を広げます

神様と聖霊様と御子は「時」を定め、その日その日<時>に合わせて、万物にも人間にも歴史を広げます。
これは「絶対的」です。

人が幼くても、成長していても、老人になっていても、あるいは人が分かっても、分からなくても、神様は「時」になれば歴史を始めます。
人が理解できても、できなくても、準備ができていても、できていなくても、分からない人は分からないまま、分かっている人は分かっているまま、幼い人は幼い人のまま、大人は大人のまま、神様は「時」になれば行ないます。
<時>がこれほどにも重要です。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる