相手を嫌う気持ちがある時は、自分の間違った心のとおりに判断する

<自分の心と考えの性能>が非正常だとか、悪感情がある時や、相手を嫌う気持ちがある時は、自分の間違った心のとおりに判断する。
だからその話を聞く人たちもその影響を受けて、同じく間違ったとおりに見て感じて判断するようになる。

各自「視力」が違うように、「心と考え」が違う。自分の目でもう一度見て、自分の考えでもう一度見なさい。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる