1日だけ生きたとしても

<神様の知恵>をもらって、「すべきこと」だけをし、「すべきでないこと」をしないで生きる方法が「最高に長く生きる方法」だ。

<神様的な次元の知恵をもらって、神様の考えで行なって生きる時>、1日生きても高い次元で生きるようになる。
若い時にこのように行なえば、<1日>行なって生きても「ほかの人たちより5日、10日もっと生きたこと」になるし、<1年>行なって生きても「ほかの人たちより10年、20年もっと生きたこと」になる。
この方法よりもっと理想的な道はない。みんなこのように生きなさい。
より若い時に知恵をもらって、分かって、行なって生きてこそ「より長く生きる道」を行くようになる。

-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる