それ以上もっと離れて見たら、大きい木も確実に小さく見える 人もそうだ

人間の視野に従って大きい木をちゃんと見るためには、5メートル先から見なければならない。それ以上もっと離れて見たら、大きい木も確実に小さく見える。
大きい木を10メートル離れて見たら、周囲10尋(ひろ)ある木も、7尋の木に小さく見える。5メートル先で見てこそ、大きいとおりによく見える。
人もそうだ。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる