新しい礼拝、神霊な礼拝、まことの礼拝とは

<神様に礼拝する人たち>は「礼拝の根本」をはっきり知らなければならない。
礼拝についての御言葉はこちら
 

新しく変化するためには、「神様が遣わしたメシヤ」をはっきり分かって、「その御言葉」を聞いて行なわなければならない。そうしてこそ、<新しい心>をもって<新しい行ない>をして「変化」するようになる。

新しくするためには「新しいやり方」でやらなければならない。「新しい時代」に従わなければならない。

<新しい礼拝、神霊な礼拝、まことの礼拝>は「神様が新しい時代に遣わした主と一つになって捧げる礼拝」だ。

新約聖書ヨハネによる福音書4章23-24節
しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊とまこととをもって父を礼拝する時が来る。そうだ、今きている。父は、このような礼拝をする者たちを求めておられるからである。神は霊であるから、礼拝をする者も、霊とまこととをもって礼拝すべきである」。

今は「新しい時代」だ。だから<新しい時代の礼拝>を捧げてこそ、「新しい時代」に従って「主」と共に礼拝する。

<新しい時代>は迎えたけれども<新しい時代の主人である主>に会えなかったから、「神霊な人」にもなれず、「まことの人」にもなれない。

<神様が時に従って始めた新しい歴史>には「神様が遣わした人」が現れて、「時代」を新しく導いて行く。

<2019年10月23日水曜日の明け方の御言葉>

[clink url=”https://providence-blue.com/about-providence/bible-the-proverbs-poem/33721″]

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる