福音とはー伝道との違い

マルコによる福音書16章15節
そして彼らに言われた、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ。

福音を伝えなさいとおっしゃいました。<伝道しなさい>という言葉と<福音を宣べ伝えなさい>ということは違います。<伝道>というのは、誰かを連れてくることです。それが伝道です。<福音>というのは、神様の全ての出来事、問題を伝えることです。だからすごいことでしょう。

私たちがお互いに神様の御言葉をやり取りすること、それも福音です。神様について、神様の御言葉をお互いに伝えることも福音です。天地万物を造った神様の御心を伝えることが、全て福音です。

一日中話をしても、必ず神様のことを入れなければなりません。福音というのは嬉しい知らせですね。だから、聖書の御言葉だけを話す、それだけが福音ではありません。それがもちろん核ですが、もっと広く考えなければなりません。

<福音>は神様について対話をし、話をし、証をすることが全て福音です。<福音>とは何か分かりますか?必ず神様が入っていなければなりません。

1997年5月20日 明け方の御言葉より

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる