誰でも神様は捨てないで、働いてくださっている

たくさん自暴自棄になって、自分はもう終わったんだといって‘この困難な環境をどうやって過ごそうか?’と思ったりもします。しかし自分一人が信仰生活をするんだと考えてはいけないのであって、神様が支えてくださっているという事を考えなければいけません。

誰でも神様は捨てないで、働いてくださっていると言う事です。自暴自棄になっては絶対いけません。

皆さんはあきらめてしまいますが、神様はあきらめないでいつも働かれる事を悟って生きなければなりません。いつも上手くいっていても途中で意識をしてしまうとうまくいかないものです。だからそれを意識しないでひたすら天だけを見上げて、主だけを見てうまくいくと考えながら進んでいくのです。それが最高の方法です。

1999年4月3日(土)みことばより

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる