最も大きな功績は何か

最も大きな功績が何かというと、「メシヤを信じる功績がもっとも大きい」。メシヤを信じることが、個人の功績で最も大きいことです。メシヤを信じることが、最も大きな功績の恩恵を受けます。

私たちが神様を知らなければ、しっかり信じず、よくわからずに無条件「神様、神様」と言うようになります。

神様が遣わされたメシヤは神様が遣わされた人、人間であるメシヤ、メシヤが来てこそ神様についてわかるということです。メシヤが口を開かなければわからないということです。信じますか?

メシヤは学んでわかっています。神様がメシヤにいつも話してくださっているのでわかるということです。神様を、メシヤだけがわかります。他の人はわかりません。だから、メシヤを信じることが最も大きな功績です。

もちろん、信じるということには行うことも全て入っています。

メシヤを信じることが自分にとって最も大きな功績であり、メシヤを信じることが最も大きな恩恵です。わかりますか?

2004年5月9日主日の御言葉
<主題>知恵と知識の光を放ちなさい
<聖句>箴言1章6節、マタイによる福音書25章1節から13節
より抜粋

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる