摂理の御言葉の威力

主日礼拝1
御言葉の威力を感じる時。

それは誰にも話してないのに、御言葉から答えをもらう時。
何となく考えていたことも
たくさん祈っていたことも
御言葉を通して答えをもらうと
「ああ、本当に神様は見てくださっているのだなあ」
と思う。

今日は東京に行き、摂理の牧師さんから御言葉を聞いてきた。
牧師さんは私の状況を知らないはずなのだけど
まるで知ってるかのように御言葉を通して答えをもらった。
誰かに話したのなら、その牧師さんにも伝わると思うけど
誰にも話してないに等しかったので牧師さんが知るはずもなく。
神様は人を通して働くというけれど
本当に今日も人を通して働いてくださった。
今日はたくさん、イエス様の話もしてくださったし
孔子の話も出てきたし、様々な角度から具体的に話してくださった。

自分が自分を変化させる。
「真理の御言葉と霊的な愛」で自分が自分を変化させる。
鄭明析牧師の明け方の御言葉より

私の心は、今日も御言葉によって変化した。

 

なお最後に。
この変化は、私の為に祈ってくださっていた筑波教会の女性副牧会者の義もあって
神様が牧師さんを通して話してくださったことだと確信していることを
ここに記して終わる。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる