なぜ現代人は不安が多いのか?神様を信じることとの関係性

現代人はとても不安がっているし、とても心配してます。心配を山ほど持っています。そのような立場で人生を生きています。

それはどうしてかと言ったら、神様を絶対的に信じられないから、そこからくる苦しみなんです。誰かたいへんな事があっても、苦労なことがあっても神様がいらっしゃいます。

「神様信じます!絶対知恵、力を持って勝ち抜けます!」と思うと、その精神で勝ってしまうんです。

人間の神経の組織はどのようになっているかというと、細胞は自分の考えがその通りになるんです。自分の考えという大統領は「ああ,私とても怖い」と思うと、全ての体にある細胞が全部緊張状態になってしまって、とても退けてしまう、逃げてしまいたい、不安で不安、あちこち逃げてしまいたいとなります。

けれども自分の心が、「よしっ,大胆に強くやっていくぞと思った瞬間、すべてそのように動かされるんです。それと同じです。

例えばみなさんの中でリーダーが「何も問題、心配ないんだ!」と言ったらみなさんも「そうだ!」ってなるでしょう。もしその中でリーダーが「私怖い、心配」としたらみんなもそうなるでしょう。

心理的な面からみても、自分の考えが自分の体を殺してしまうんです。わかりましたか?

自分の人生を自分がどんどんあきらめてしまったら、どんどんあきらめてしまうようになるでしょう。

自分が「神様信じます」と言ったとき、神様がその上に臨むんです。それはすでに神様の権威を立たせてあげていることなんです。そのような人たちは神様からたくさんの力を受けるようになるんです。神様を信じてあげないと自分がその分、力がなくなるんです。神様の権威を落としてしまったからです。

現代人たちは心からくる,心理的にくるたくさんの重い荷物を背負って持っているんです。

神様はこのようにおっしゃったんです。
「あなたたちの考えが命である」
心思うところに全てかかっている、とおっしゃいました。

大きな心を持って大きく大胆にやっていけば大きな事ができるし、成し遂げられます。わかりましたか?

2001.1.10(水) 水曜礼拝のみことばより

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる