眠りにどっぷり浸(つ)かって寝るように、 すべてのことをそのようにしてこそ、勝利する。

摂理の鄭明析牧師 明け方の御言葉より 眠りにどっぷり浸(つ)かって寝るように、 すべてのことをそのようにしてこそ、勝利する。

摂理の鄭明析牧師 明け方の御言葉より
眠りにどっぷり浸(つ)かって寝るように、
すべてのことをそのようにしてこそ、勝利する。

なかなか、摂理でこういう箴言は出ませんよ( ゚Д゚)

たしかに、中途半端に寝るって、そのほうが難しいですよね。
どっぷり眠ってこそ、<眠れます>し。
「あの睡眠のように!!!どっぷりつかって!!!」
なんでも集中してやると成し遂げられますね!!!

 

ところで・・・ところで・・・
摂理のメンバー達って、どのくらい寝ると思いますか?

「摂理は2時間とか、3時間とか聞いてますが(T□T)」
「摂理人になったら睡眠時間削らなきゃいけないんですか?!」
睡眠時間は、本当にその人次第ですね。
そのあたりは、お近くの摂理人に聞いてみましょう(笑)

 

私は6時間から7時間くらいです。普通ですね(笑)

 

摂理の御言葉を聞いていると
鄭明析牧師は
「明け方の祈りを御子はよく聞かれる」
とおっしゃいますが、
「何時に寝なさい」
というのは殆ど聞いたことがありません。
基本、早く寝て早く起きよう
ということが多いですねー。
摂理のメンバー達全般もそうです。

 

ある摂理社会人メンバーは、明け方、それも真夜中?!ともいえる
午前1時にお祈りをしようと思って
仕事から帰って、19時には寝て、6時間睡眠をとり
1時から目をパッチリさせて祈ったとか。
凄いですよね。

 

これは体質化しないと、かなり難しい。。
起きるより寝る方が難しいんですねえ、やってみた人は分かりますよね。

 

そして聖書に眠りについてなんと書いてあるか、知っていますか?
例えばこんな聖句が。

 

箴言20章13節
眠りを愛してはならない、そうすれば貧しくなる、目を開け、そうすればパンに飽くことができる。

とあります。
どちらかといえば眠りというのは
「心のよくない状態」
をさしたりするので、あんまり良い意味で使われないほうが多いですよね。

 

また、こういう聖句もあるんです。

 

詩篇127篇2節
あなたがたが早く起き、おそく休み、辛苦のかてを食べることは、むなしいことである。
主はその愛する者に、眠っている時にも、なくてならぬものを与えられるからである。

一方で眠りを愛するなと言いつつ、
他方から見た時には「眠っている時にもなくてならぬものを与える」と。

常時必要なものを与えてくださるということですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる