神様に感謝をする人に、神様はまたくださる

無条件感謝するよりも、なぜ、どんなことをしてくださったのか悟って感謝し栄光を帰したら、もっと根本的に真実に感謝と栄光を帰すようになる。

自分の個性通りに感謝し、栄光を帰しなさい。

感謝と栄光はその時、もらった時に帰さなければ、考えから忘れて、帰すことができない。

使うたびに、くださった人に感謝と栄光を帰しなさい。

歌もいつも学んで歌わなければうまくできないように、感謝と栄光もすべてにおいてしなければ、発達しなくてできなくなる。

何を感謝し栄光を帰さなければならないのか研究し、考えてみなさい。

全知全能なる神様に近くし、愛して聖霊と共に生きるためには、いつも感謝して生きる「感謝の塊」にならなければならない。

感謝と栄光を帰し、くださった人を証し、その人と一緒に使わなければならない。

感謝し栄光を帰すことを、宝物を見つけるように見つけ出して、永遠なる神様と聖霊様と主に感謝と栄光を捧げなさい。

感謝する人に、またくださる。

もらっても感謝しない人は、神様も主も人々も気分を害して、またあげることをしたくないのだ。

心と行ないで好きで喜んで愛し、くださった人に感謝と栄光を帰して生きなさい。

神様と聖霊様は直接くださることもし、人を通してくださることもする。このことを悟って、根本者三位一体に感謝と栄光を帰しなさい。

2020年12月17日 みことばより

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる