精神的な革命は肉体の革命をもたらします

イザヤ43:18には昔のことを思うなと書いてあります。

「あなたがたは、さきの事を思い出してはならない、また、いにしえのことを考えてはならない。見よ、わたしは新しい事をなす。やがてそれは起る、あなたがたはそれを知らないのか。わたしは荒野に道を設け、さばくに川を流れさせる。
旧約聖書 イザヤ書43章18節

昔に縛られていたら新しい歴史の前に行くことはできません。いつも旧時代に縛られていてはいけません。イスラエルの民は旧時代に縛られていたので新しい歴史に行くことができませんでした。

新しい歴史が来なくて行けなかったのではありません。昔の道から新しい道へと実践しているから、古いものはなくなり、新しいものが目に写るようになるのです。こういうことなしには歴史は成していけません。箴言にもありますが、精神的な革命は肉体の革命をもたらします。精神の革命が起こらないと肉的な革命も起こりません。まず心から始めて、行いができるようになります。

もし神様が最後まで行わなかったなら、歴史は過去で終わってしまったでしょう。イスラエルの人々がエジプトからシン荒野に出てきたとき、またシン荒野からカナンの地に移っていくとき、困難にぶつかって、旧時代へ戻りたいと言って旧時代のことを思い出しました。以前エジプトに住んでいたときそこで住むために持っていた考え方にひたって、それを思い出していたのです。

しかし新しい世界へと発展するためには困難は付き物であり、ほこりがたつのも付き物です。それを嫌がっていました。古い家を壊して新しい家を建てるためにはほこりがたちますが、人々はそれを嫌がります。

「いつ壊して建て直すのか。今までも生きてきたんだから、このまま生きていこう」と言います。

しかしそうしているうちに家がつぶれて下敷きになって死んだり、古い家を使いながらいつも不満不平をもらしたりします。いつかはやらなければならないことです。いつまで古い道を歩むつもりですか。古い道を歩いていたら不平不満をもらすばかりです。一度汗を流したら一ヶ月楽です。二ヶ月苦労したら一生楽に歩ける道ができるのに、どうしてやらないで不平不満ばかり言うのですか。
1998年5月6日(水) 朝の御言葉より抜粋

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる