「神様の御心」は、自分が「これは神様の御心だ」と考えることではない。

神様の御心は、思いは、想像しただけでは分からない。
人間も、一番早いのは直接聞くこと。
神様にも直接聞いてみた時に必ず何らかの形で答えてくださる。
 
神様は生きてるから。
 
死んだ人ではないので
過去の文章を読むだけでは
神様のほうもちょっと寂しい。
 
祈りは対話だと何度もおっしゃった。
 
「祈りの時間」だけでなく、24時間聞いてみよう。
必ず答えてくださる。
 
いつの間にか自分の考えに陥って
これが神様の御心と思ってしまうと
怖いことに歴史さえ変えてしまう
 
歴史が変わるのに一個人の運命が変わらないだろうか
 
「これが御心」と言葉ではかっこいいが
その実、かなり怖い言葉でもある
 
当の本人である神様が今、何をおもっていらっしゃるのかは
深く集中してお祈りして聞いてみるしかない。
 
私自身、何か陥っていないかいつも点検、点検。
 
点検=神様に聞く
 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる