人生100年を何故懸命に生きなければならないのか?

<この世で限りがある生だから一生懸命生きる>
それも勿論素晴らしいけれども、私達はその100年のためだけに生きるのでしょうか。

 

人生100年のためだけに生きて全てが終わるのでしょうか?

 

2014年3月 西日本聖霊集会の御言葉ではこのような御言葉が伝えられました。

 

目次

何の為に人生100年を懸命に生きるのか?

例えの話をします。

ある人が赤ちゃんを身ごもりました。
でも、<産むこと>を目的にしなければならないけれども、<10ヶ月お腹で育てること>を目的にしてしまったんです。
それは、話になりませんね。

赤ちゃんを妊娠したのは、<産んで育てよう>と妊娠したんじゃないですか。
<お腹の中でだけ育てて、産まないようにして妊娠する>わけじゃありませんね。

これと私たちは同じです。

「人生100年、ここで楽しんで、ただ終わりにしなさい」と、137億年もかけて、宇宙、万物を創造し、人間を創造したでしょうか。

100年生きて終わらせようと、こんな短い100年を生かそうと、そうしたでしょうか。
ただ人生100年。この世の中で楽しんで終わるためなのに神様まで降臨なさり、御子まで降臨なさり、
聖霊が来られ、預言者たちを送り、メシヤまで送ったでしょうか。

どうしてイエス様が来られて、何であんなにひどい迫害を受け、
殴られ、十字架でまで死んだのでしょうか。
人生100年なのに。何のために?

それ以降は何もないんだったら。

迫害を何のために耐えるのでしょうか?
100年で終わりなら。信じても終わるし、信じなくてもこの世で終わるのに。

神様は、人生100年のためだけに人間を創造したのではありません。
引き上げのためです。
引き上げは何か。御子に会うこと。そして、永遠に暮らすことです。

創造目的の歴史を成すために、これまで神様が降臨し、聖霊様も、御子も来られ、
メシヤも預言者も送り、御言葉も与え、迫害も耐え、艱難にも耐え忍んで打ち勝ったのです。

どうして、こんなに耐えてきたのか。
世の中が歓迎してくれるわけでもないし、全ての人が「いい」って言ってくれるわけでもないし、どうして?

それはこの世で100年生きて終わる人生ではないということを知っているからです。信じますか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる