[御言葉]自分も環境も天国のようにつくるために困難に打ち勝って行なってきた

man sitting on edge facing sunset

<開発してつくっておいて使うこと>と<つくっておかないで使うこと>とは、その環境が「天国と地獄」のような差です。
これと同じく、<自分を神様の御心どおりにつくっておいて生きること>と<つくらずに生きること>とは、その喜びと生が「天国と地獄」のような差です。

過ぎた日、自分が環境の天国をつくるまでどれほど苦痛を経て、もがいて行なったかを考え、神様も自分を救って天国の人生につくるまでどれほど苦労し行なわれたかを考えてこそ、現在、自分を貴重に思って、くださった環境も守って生きるようになります。

過ぎた日に患難を受けながらも守ってきたから、自分も環境も天国のようにつくったということを肝に銘じ、感謝し、愛して、大胆に守って行なわなければなりません。自分も環境も天国のようにつくるために様々な困難に打ち勝って行なってきたことを考えてほしいです。また、神様と聖霊様が助けて奇跡的にできたことだから、奪われずに守って生きなければなりません。過去を忘れたら、現在もらった貴重な価値を忘れるようになります。

2022年2月6日主日の御言葉 <主題>地上世界の天国と地獄の生

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次