[Word]いつになったら苦労しないで生きられる?

キリスト教福音宣教会 いつになったら苦労しないで生きられる?

人は誰でも「私はいつになったら、苦労しないで苦痛なしに生きていくのだろうか?」と言います。

家を建てる人が家を建てて住むまでは家を建てる苦労もし、苦痛も味わうように、人間も自分を完全につくるときまではそれによって苦労もし、苦痛を受けるようになります。

完全とは、人間として神様のように完全で、神様と一体になったことを言います。大変でつらくても<神様>を最後まで信じ愛して生きてこそ、永遠に苦労も、苦痛もない天国で三位と永遠に愛して生きるようになります。

これは、もっと完全にすることで全知全能なる神様と一体になってすべての苦労と苦痛を終わらせようという御言葉です。

「あること」は完全で、「あること」は完全でないから<完全でないこと>だけを「絶対に完全に」すればいいです。

神様と一体になった信仰をする人は、「どんな困難」が雨風のように来ても、すべて勝ちます。

聖書の歴史を見ると、いつの時代でも神様が遣わした救い人の御言葉を聞いて、神様を分かって信じて仕えて愛し、その御言葉を完全に守って行なう時、それによって「神様と一体」になりました。

イエス様もこのように話されました。

ヨハネによる福音書15章5節
「<私>は『ぶどうの木』、<あなたたち>は『枝』だ。
誰でも<私の中>にとどまってこそ『実』を結ぶ。私と離れたら何もできない。
<私のいましめ>を守って行なえば、『私の中』にとどまり、<私>と一つになり、<神様>と一つになる。
それによって<死>から出てきて<永遠の命>を得るようになり、<天国>で永遠に生きるようになる

神様の御言葉を守って行ない、神様を心から愛してこそ「神様と一体」になります。

<2022年5月22日主日礼拝> <主題>神様と一体になった生 から抜粋 要約

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる