<祈ること>が「心と考えと行ない」を研ぎ、磨き、鋭利にすることだ。

<祈ること>が「心と考えと行ない」を研ぎ、磨き、鋭利にすることだ。
-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。 ◆年齢:安室ちゃん、滝川クリステルさん、海老蔵さん、南キャン山ちゃんと同じ。   教会内のあらゆる役割を経験。 現在は、つくば市在住。教育関連事業。 好きなものは猫。 いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。 ですが、主と共に生きるのでお二人様。   【好きなもの一覧】 ◆食べ物:野菜、味噌汁、ガッツリ系、卵料理 ◆映画:踊る大捜査線、ナウシカ、ラピュタ、紅の豚 ◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナンなど(全てあげたら書ききれない) ◆ゲーム:初期ドラクエ、初期FF、ファイアーエムブレム炎の紋章 ◆芸能人:さや姉、まゆゆ、織田裕二、NON STYLE  ◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート

関連記事

  1. あなたは体をたたかずに心をたたきなさい。その人の門は心だ。 あなたはこぶしや足を使って力任せに騒がしく門をたたくな。密かに、かすかに、トントンとリズムに合わせてたたきなさい。聞く者が喜んで、さっそく門を開けてくれるだろう。 あなたは主人と恵み深く対話をして門をたたきなさい。主人があなたの声を聞いて安心し、開けようと思っていなかった門も開けてくれるだろう。 あなたは条件を立ててから門をたたきなさい。以前は開けてくれなかったとしても、今度は開けてくれるだろう。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

    あなたは体をたたかずに

  2. <考え>を集中すれば、雑な考えが消える

  3. 人は<血気や憤りが起こった時>や<よくないほうに興奮した時>は、心と考えが別の世界に置かれて行なう