神様と聖霊様と御子は「時」を定め、その日その日<時>に合わせて、万物にも人間にも歴史を広げます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神様と聖霊様と御子は「時」を定め、その日その日<時>に合わせて、万物にも人間にも歴史を広げます。
これは「絶対的」です。

人が幼くても、成長していても、老人になっていても、あるいは人が分かっても、分からなくても、神様は「時」になれば歴史を始めます。
人が理解できても、できなくても、準備ができていても、できていなくても、分からない人は分からないまま、分かっている人は分かっているまま、幼い人は幼い人のまま、大人は大人のまま、神様は「時」になれば行ないます。
<時>がこれほどにも重要です。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。
ですが、主と共に生きるのでお二人様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. <貴重さ>を分かってこそ、ある時に命を懸けて集め、溜めておく。そしてない時にダムの水を使うように貴重に使う。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
  2. 神様が御言葉で天地を創造なさった
PAGE TOP