<食べ物>は「食べる味」で、<人生>は「生きる中で知る味」だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<食べ物>は「食べる味」で、<人生>は「生きる中で知る味」だ。

<時間>について分からなければ、「時間の味」も分からない。

<時間>を前にして「その時間にすべきことを奪われず、その時間が過ぎる前に働く味」だ。

<時間>は「よく使う味」だ。

<時間>を貴重に思って愛してこそ、「時間」と一体になって同行する。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. <自分の言葉の御力、祈りの御力>が「実体」になって、どれほど大きな力を発揮するか、「小さいこと」からまず一度やってみなさい。 <祈れ>ば、最初は「小さいこと」ができる。そうしているうちにだんだんと「大きいこと」を求める。神様は「ふさわし」ければ聞いてくださり、成し遂げてくださる。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より 2016年8月8日
  2. <三位の考え>と<人間の考え>は違う。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP