食べ物を見ないで食べたら何の味がするか。神様の歴史も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べ物を見ないで食べたら何の味がするか。分からずに食べたら何の味がするか。
神様の歴史も、神様も、聖霊様も、御子も、分からずに信じて愛して生きれば、見ないでその話だけを聞くのと同じだ。

食べ物を見て、話を聞いて、分かって食べたら「本来の味」がする。
これと同じく、神様の御心を正しく分かって、神様と聖霊様と御子主を正しく分かって、正しく見て、愛して、その御言葉を正しく実践すれば、それだけ「信じて愛する味」がするし、「御力」が生じる。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 一日の生活を全部し終えたら、<明け方や午前にした仕事>は時間が長くたってよく思い出せず、おぼろげだ。<午後遅くにした仕事>はよく思い出せる。そのことも時間が過ぎればよく思い出せない。 人はその瞬間<見た時>や<思い出した時>、そのとき生々しく思い出す。だからすべきことは「見た時、思いついた時」その時すぐにしなければならない。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
  2. 全能なる神様が創造した<万物>である「太陽、地球、月、風、空気」などもすべきことを全てするのに、その万物を全て主管なさる<絶対神>が、すべきことをなさらないだろうか。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP