孤独感が強い時は、神様を呼び求める機会

 

皆さんも、いつも1人で寂しいと言わないで、そういう機会を使って、神様を、主を呼び求める機会にしなさい。
神様と自分。
寂しいとか言わないで、天と会ってください。

 

私も言いました。
「あの多くの群衆はどこに行ってしまい、私1人なのか(『埠頭の孤独』より)」。
そういう時にもっと神様が共にしてくださり、働きかけてくださいました。
おびただしい群衆がいなくなって、外国(注:日本)で私一人でした。

 

あの多くの群衆はどこに行ってしまい、
私1人なのか
まさか、誰か1人
私を呼んでくれる人がいるだろう
四方八方見回しても
私の顔だけが水に映る
かもめが悲しく泣き
汽笛も悲しく泣く

 

雨はその埠頭に降っていました。
「雨が降ってもっと寂しくなる」。
そういう詩を書きましたが、それが歌になりました。

 

このように、「寂しい、孤独だ」とばかり言わないで、そういう静かな時間を、使ってください。

 

遊んだところで、群衆の中に行ったところで、残るものはありません。
世の中の、社会の群衆。

イエス様もベツレヘムの寂しい所にいました。
そういう時に神様と近くなり、一体となって、全人類を救うことを悟るようになりました。

2010年8月14日(土)明け方の御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。 ◆年齢:安室ちゃん、滝川クリステルさん、海老蔵さん、南キャン山ちゃんと同じ。   教会内のあらゆる役割を経験。 現在は、つくば市在住。教育関連事業。 好きなものは猫。 いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。 ですが、主と共に生きるのでお二人様。   【好きなもの一覧】 ◆食べ物:野菜、味噌汁、ガッツリ系、卵料理 ◆映画:踊る大捜査線、ナウシカ、ラピュタ、紅の豚 ◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナンなど(全てあげたら書ききれない) ◆ゲーム:初期ドラクエ、初期FF、ファイアーエムブレム炎の紋章 ◆芸能人:さや姉、まゆゆ、織田裕二、NON STYLE  ◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート

関連記事

  1. 奇跡-詩

    奇跡-詩

  2. <頭の中にある考え>はしょっちゅう忘れるけれども、<実践しておいたこと>は実体になって目で見るから忘れない。

  3. 全能なる神様が創造した<万物>である「太陽、地球、月、風、空気」などもすべきことを全てするのに、その万物を全て主管なさる<絶対神>が、すべきことをなさらないだろうか。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

    神様がすべきことをなさらないだろうか