なぜ祈って、願い求めたことを忘れてはいけないのでしょうか?

なぜ祈って、願い求めたことを忘れてはいけないのでしょうか?
祈って願い求めたことを忘れたら、
時になって、与えてくださっても分からないからです。
与えても分からなければ、どうしてくれないのかと考えるし、感謝することもできないし、それによって夢を成すこともできません。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。 ◆年齢:安室ちゃん、滝川クリステルさん、海老蔵さん、南キャン山ちゃんと同じ。   教会内のあらゆる役割を経験。 現在は、つくば市在住。教育関連事業。 好きなものは猫。 いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。 ですが、主と共に生きるのでお二人様。   【好きなもの一覧】 ◆食べ物:野菜、味噌汁、ガッツリ系、卵料理 ◆映画:踊る大捜査線、ナウシカ、ラピュタ、紅の豚 ◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナンなど(全てあげたら書ききれない) ◆ゲーム:初期ドラクエ、初期FF、ファイアーエムブレム炎の紋章 ◆芸能人:さや姉、まゆゆ、織田裕二、NON STYLE  ◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート

関連記事

  1. 不平不満をもらさず 感謝して生きなさい

  2. そうしてこそついて行く

  3. 服が着心地が良くなければ心も体も心地良くないように、人が時に合わない行動をすれば心も体も心地良くないのではないか。 ―摂理の箴言より

    時に合う行動