逆転サヨナラの悔しさを知ってる人は、知らない人よりずっと強いのかもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今春の選抜大会8強の東海大福岡が、福岡大会4回戦で折尾愛真に九回、6点を奪われ逆転サヨナラ負けした。

 東海大福岡は二回、佐田の本塁打で先制すると、六回には3連打などで5点をあげ、試合を優位に進めた。

 選抜でも活躍したエース安田は、八回まで相手打線を5安打に抑えていたが、九回につかまった。2死一塁から4連打や失策で1点差に詰め寄られ、最後は2死満塁から平戸に2点二塁打を浴びた。安田は「調子は良かったが、九回は早く終わりたいと焦ってしまった」と涙を流した。

引用:朝日新聞

 

逆転サヨナラ 高校野球ー負けた我が母校の記事を昨日書いたが、今日のニュースで東海大福岡が9回になんと6点を奪われて逆転サヨナラ負けをしたと流れていた。

 

いったいどれだけ悔しいことだろうと、東海大福岡の気持ちにたってしまった。

 

今まで私はサヨナラ負けをしたことがあまりなかった。
先日の母校のサヨナラ負けが、自分に関わるサヨナラ負けとしては、記憶が確かならば初めてだった。

 

私は選手当事者じゃないけれど、感じたものは物凄くあった。

 

サヨナラ負けというのは、その直前まで勝っていたということ。
そしてある意味、瞬間の時間で負けたということ。

 

勝ったほうが良かったかもしれない。
もちろん勝つつもりで試合をしてたから。

 

でも、たった一球の重み、たった一球に集中すること。
たった一瞬に集中すること。
その意味と価値を嫌というほど、脳裏に叩きつけられるのは
サヨナラ負けしたほうなのかもしれない。

 

人生は遥かに長く
それは瞬間の繰り返し。

その瞬間の大切さと価値を知っていることは
偉大なこれ以上ないこと。

 

記憶の瞬間を、肯定的に変えよう。
悪い考えを捨てることだ。
うまくいかないという考えをするのではなく、自信を持ちなさい。
摂理の御言葉より

 

今回はうまくいかなかった、望む結果を得られなかったとしても
人生が終わったわけではない。

 

失敗したとしても、それはまだ過程。
最後まで諦めなければ、必ず人生の勝利が待っている。

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 月明洞から

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP