北朝鮮と韓国が南北首脳会談することがどれだけ凄いことなのか?

-北朝鮮の金正恩氏は朝鮮戦争以降、<初めて>韓国の地を踏む北朝鮮最高指導者となる-

 

様々な話が去年は何度も流れた。
「いつ北朝鮮にアメリカは攻め込むのか?」
「いつ北朝鮮は崩壊するのか。崩壊する前に核を使うのではないか?」

 

しかし、年があけてから状況は大きく変わった。

 

2月、平昌オリンピック(韓国)では
南北は統一旗を掲げながら共に入場行進した。
南北融和ムードが高まったが、更に人々の予想を上回る形で3月、情勢は動いた。
直接対話の急展開だ。

北朝鮮と韓国の首脳会談だけでもトップニュースなのに、そこに加えて北朝鮮とアメリカの首脳会談も行う流れとなった。

 

北朝鮮問題に詳しいコリア・レポート編集長の辺真一氏はテレビで「私でさえ、これは予想がつかなかった。もう少し後かと思った。」と興奮気味に話した。

 

そして金正恩氏は3月26、27日の両日に中国を訪問した。
北朝鮮の最高指導者になってから外国を訪問したのは初めてのことだ。

 

北朝鮮と韓国、北朝鮮とアメリカの首脳会談、共に実際に実行されることを切に願う。
そして日本と北朝鮮の首脳会談もぜひ実現してほしい。

 

2018年があけてからの韓国と北朝鮮の動向 主なものまとめ

2月 韓国平昌オリンピック開催
開会式で南北同時行進
アイスホッケー南北合同チーム結成
北朝鮮金正恩氏の妹 金与正氏が韓国初訪問 開会式出席 金一族が韓国を訪問するのは初

 

3月5日
韓国特使団が北朝鮮を訪問 金正恩氏と会談
4月末に韓国北朝鮮の首脳会談で合意

 

3月6日
韓国特使団がアメリカを訪問
金正恩氏と5月までに米朝首脳会談する意向をトランプ大統領が表明

3月25、26日
金正恩氏が中国訪問 北朝鮮指導者となって初の外国訪問

3月29日
韓国北朝鮮の南北首脳会談は4月27日に開催確定

4月
韓国芸術団が13年ぶりに北朝鮮訪問 公演
金正恩氏も鑑賞し、韓国芸術団をべた褒め
北朝鮮の最高指導者が韓国の芸術団の公演を直接鑑賞したのは初めて

 

奇跡の南北首脳会談 4月27日開催確定

過去二回行われている南北首脳会談

北朝鮮と韓国との首脳会談自体は3回目だ。

 

第1回目は南北首脳会談(2000年6月)、韓国 金大中大統領政権時に北朝鮮の金正日氏との会談が、北朝鮮の首都平壌で開催された。1948年、朝鮮半島が南北に分かれて以来、南北の首脳が会談するのは初だった。金大中氏はこの功績により2000年にノーベル平和賞を授与されている。この会談以降、南北の交流は活発化した。

 

韓国 金大中大統領は1998年就任時に太陽政策を打ち出していた。

WORD:太陽政策とは
1.朝鮮半島での一切の武力挑発を許さない。
2.北朝鮮による吸収・統一を排除する。
3.南北間の和解協力を推進する。
この3つを基盤として対話を進めるとした政策のことが太陽政策だ。
何故、太陽政策と言われていたのか?それは凍りついている北朝鮮の姿勢を韓国側の熱意ある働きかけで溶かすことができる、という意味からだ。
参照:世界史の窓

 

第2回目は南北首脳会談(2007年10月)、韓国の盧武鉉大統領政権時に北朝鮮の金正日総書記との会談が、このときも北朝鮮の平壌で行われた。第二回目の首脳会談は、それほど成果が無かったとも言われている。

 

そして会談翌年の、2008年に北朝鮮による韓国人観光客射殺事件が起こった。 同年7月11日に韓国人女性旅行者が金剛山付近(北朝鮮)で誤って立ち入り禁止区域に侵入、北朝鮮兵に射殺されたのだ。金剛山は南北和解の象徴といわれ、韓国からも多くの旅行者が訪れる場所だった。98年、南北交流の象徴的事業として、韓国・現代グループが北朝鮮側と独占契約を結んでホテルや飲食店を整備。10年で約195万人が訪れていた。

 

韓国人観光客射殺事件から南北交流の状況は悪化。他の要因もあり、南北関係が冷え込む一方となった。

 

金大中大統領、盧武鉉大統領と太陽政策は続いたが、保守派の李明博(イ・ミョンバク)大統領政権下では太陽政策は中断された。これは2006年10月9日に北朝鮮が核実験を行ったことで、韓国では太陽政策に対する論争が起こっていたことも影響しているといわれている。

 

李明博氏の後に大統領となった 同じく保守派の朴 槿惠(パク・クネ)大統領政権時にも北朝鮮との関係はさらに冷え込んだ。朴大統領は崔順実ゲート事件など一連の不祥事により、2017年3月10日に大統領弾劾が成立して罷免。
関連:韓国 朴槿恵大統領辞任へ―何が問題なのか?―まとめ

 

その後行われた2017年 韓国の大統領選挙にて当時、韓国の最大野党「共に民主党」だった文在寅(ムン・ジェイン)候補が大統領に当選した。

文大統領は、兼ねてから太陽政策の復活を訴えていた。

 

文政権発足後、南北首脳会談までの経緯

2017年は緊張関係が最大に膨らんでいた

2017年5月に文政権が発足して以降、すぐに南北融和ムードになったわけではない。

 

2017年、北朝鮮はミサイル発射や核実験を行った。この年はアメリカでトランプ政権も誕生。トランプ大統領の発言も関係悪化を後押しする形になり、北朝鮮は国際的にも孤立を高めていった。

トランプ大統領は金正恩国務委員長を「ちびロケットマン」と呼んで挑発し、金正恩委員長は70歳となるトランプ大統領を「老いぼれ」とあざけった。

 

いつしか、「アメリカは北朝鮮にいつ攻め込むのか」ということがメディアでも話題となり、日本の各方面の専門家たちが具体的に「いついつの時期」と予想さえしていた。

 

2018年2月 平昌五輪をきっかけに緊張関係が溶け始める?

緊張関係が溶ける兆候を見せたのは、平昌冬季五輪に北朝鮮が出場を表明したあたりからだ。

正恩氏は2018年1日に発表した「新年の辞」で、朝鮮半島の緊張緩和を呼びかけ、平昌冬季五輪に選手団を派遣する用意があると述べた。

国際オリンピック委員会(IOC)は1月20日、北朝鮮を平昌冬季五輪に参加させることを正式に承認した。

 

平昌開会式では2006年トリノ五輪以来となる「統一旗」で合同入場行進した。
また、物議を醸したもののアイスホッケーでは南北合同チームが組まれた。

 

平昌五輪の際、金正恩氏の妹である金与正(キムヨジョン)党第一副部長が韓国を訪れた。
このときも「金一族が韓国を訪問するのは初だ」と国内外で大きなニュースとなった。

与正氏は「特使」として訪韓したのだ。

画像出典:wemedia

これは与正氏本人が、文大統領と2月10日に面会した際に語っている。金与正氏に対し文大統領は「特使として来たのか」と尋ね、与正氏は「(金正恩)国務委員長の特命を受けて来た」と答えた。

南北首脳会談は、与正氏を通して正恩氏が提案したものであった。

 

3月4日に韓国特使団が訪朝 正恩氏体制になってからは初訪朝

その後、韓国の鄭国家安保室長など10人からなる特使団が3月5日、文大統領の親書をもって訪朝。

正恩氏が北朝鮮の最高指導者となって以来、初の韓国政府高官による平壌訪問だった。正恩氏が外国要人と直接会談するのは異例。

韓国特使団が北朝鮮高官たちと協議した後、正恩氏主催の夕食会が開かれた。4時間に及ぶ夕食会には、正恩氏の李雪主夫人と実妹の金与正氏も出席した。

北朝鮮は、韓国特使団と正恩氏らが笑顔で握手したり、丸いテーブルを囲み談笑したりしている写真を発表した。北朝鮮国営・朝鮮中央通信(KCNA)は正恩氏が代表団を「温かく歓迎」し、「心を開いた」話し合いをしたと伝えた。

李夫人が公式行事に出席するのも異例だ。

出典画像:Todo

 

最後は特使団の車を、正恩氏自らが手を振って見送るという場面も報道された。

 

3月6日 韓国特使団は南北首脳会談を発表

開催時期を4月末としたことについては、北韓側が早期の開催を呼びかけたことや、首脳会談の再開は南北関係の発展につながるもので、なるべく早く開催するのが望ましいという認識で一致したためと説明している。

ハフポストによれば、韓国の文在寅大統領の特使として北朝鮮を訪れた鄭国家安保室長が、3月6日に発表したのは次の6つだ。

1南と北は4月末に板門店「平和の家」で第3回南北首脳会談を開催することとし、このための具体的な実務協議を進めていく

2南と北は軍事的な緊張緩和と緊密な協議のため、首脳間ホットラインを設置することとし、第3回南北首脳会談以前に初の通話を実施する

3北側は朝鮮半島の非核化の意思を明らかにし、北朝鮮に対する軍事的脅威が解消され、北朝鮮の体制の安全が保証されれば、核を保有する理由がないという点を明確にした

4北側は非核化問題の協議及び米朝関係の正常化のため、米国と虚心坦懐に対話をする用意を表明

5対話が持続する間、北側は追加の核実験及び弾道ミサイル試験発射などの戦略挑発を再開することはないと明確にした。
このほか、北側は核兵器はもちろん、在来型兵器を南側に向けて使用しないことを確約した。​​​​​​

6北側は、平昌オリンピックによって醸成された南北間の和解と協力の良い雰囲気を持続させるため、南側のテコンドー師範団と芸術団の平壌訪問を招請した。

 

北朝鮮と韓国首脳会談は何が<史上初>なのか?

金正恩朝鮮労働党委員長は朝鮮戦争(1950~1953年)以降、初めて韓国の地を踏む北朝鮮最高指導者ー会談場所は南北軍事境界線にある板門店(韓国側)


出典:Travel
前述の通り、南北首脳会談そのものは3度目である。
しかし今までと異なるのは、その会談場所だ。
過去二回、共に北朝鮮の首都平壌だった。

聯合ニュースの報道によると、今回は「韓国側がソウル、平壌、板門店の候補を挙げ、北が(板門店を)選んだ」と説明した。

韓国と北朝鮮は首脳会談を板門店の南側区域である平和の家で開催することで合意した。平壌ではなく板門店で行われることは初めてで、北朝鮮側が南北が対等に会話することに配慮したものとみられる。

平和の家は八九年に建設。軍事当局者同士の会談以外の南北会談の場として利用されてきた。
北朝鮮側の参加者は徒歩で軍事境界線を越え、平和の家に入る。

趙明均(チョミョンギュン)統一相は、「板門店は冷戦の象徴で、軍事的緊張が最も高い地域。朝鮮半島の平和のための首脳会談が開かれること自体が、朝鮮半島のみならず世界的に大きな意味がある」と述べた。

金正恩朝鮮労働党委員長は朝鮮戦争(1950~1953年)以降、初めて韓国の地を踏む北朝鮮最高指導者となるのだ。

 

金正恩氏、そして文在寅大統領にとっても初めての南北首脳会談

北朝鮮 金正恩氏が最高指導者になったのは2011年。
韓国 文政権が始まったのは2017年。
お互いに初めての南北首脳会談だ。

 

韓国メディアの論評

韓国の新聞各紙は「期待値をはるかに超える破格的な合意」(東亜日報)などと評価をする一方、警戒感も示した。

最大部数を誇る保守系の朝鮮日報は「韓国民は北の核の人質から脱するのか、まただまされるのか?評価できる部分は少なくないが、北が核保有国として認められた状況で、在韓米軍撤退と核放棄を交換しようと乗り出すのであれば、結局、核兵力の完成の時間稼ぎだ。韓国が金正恩の盾になるようなことがあってはならない」と社説で主張した。

中央日報は「11年ぶりに南北の首脳が会い、半島の平和を約束し、履行に乗り出すならこれほど良いことはない。北が核とミサイルを除去する意思と日程を明らかにする『核会談』にならなければならない。北の核への野心が明らかになり、紙くずになった過去2度の首脳会談の前例を教訓にしなければならない」と報じた。

韓国内の専門家からは、南北関係改善への真剣な姿勢をアピールし、父親や祖父とは異なる新しいリーダー像を北朝鮮国内に示す狙いがあるとの指摘も出ている。

 

南北首脳会談に対する各国、日本の反応

中国外務省の耿爽・副報道局長は、朝鮮半島の緊張緩和に向け北朝鮮と韓国が首脳会談の開催で合意したことについて、「応援している」と述べた。

菅官房長官は、「対話のための対話では意味がない。北朝鮮との過去の対話が非核化につながってきていない。その教訓を十分踏まえて対応すべきものであると思っていますし、対話のための対話であっては意味がないわけであります。まず韓国側からしっかりした説明を受ける必要がある」と話した。

小泉純一郎元首相(76)は、都内の日本外国特派員協会で会見し、南北首脳会談が決まったことについて、「経済制裁の圧力をかけたから、(北朝鮮が)話し合いに乗ってきた。圧力が成功したということだ」と指摘した。

北朝鮮拉致被害者、田口八重子さん(行方不明時22歳)の兄で、被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(79)は「足踏み状態が続くより動きがあった方が、拉致問題の解決には追い風だ」と歓迎した。

同じく拉致被害者、松本京子さん(行方不明時29歳)の兄孟(はじめ)さん(71)は「会談の行方は分からないが、(拉致問題で)日本は取り残されるのではないか」と不安を口にした。

 

北朝鮮に韓国芸術団が13年ぶりにー北朝鮮最高指導者としては<初>観覧

4月1日、韓国芸術団が北朝鮮へ派遣された。13年ぶりのことだ。また、北朝鮮の最高指導者が平壌での韓国芸術団の公演を観覧したのは初めてとなる。

金正恩氏は2018年1月新年の挨拶で 「革命的な社会主義文化芸術の力でブルジョア反動文化を押さえ付けてしまうべきだ」と述べていた。

このブルジョア反動文化とは、大よそ<資本主義国家>の文化を指す。

しかし、4月1日の韓国芸術団公演観覧後には
「人民が南側の大衆芸術に対する理解を深くし、心から歓呼する姿を見ながら胸が熱くなり感動を禁じえなかった」と話した。

「資本主義の不良風を排斥しなければならない」と何度も話してきた金正恩氏だが、韓国芸術団の公演を観覧し、いわゆるK-POP、アイドルを含めた芸能人たち一人ひとり握手し記念写真まで撮った。

画像出典:khan

今までこのような写真を見たことは無い。

北朝鮮官営メディアでも詳しく紹介されていた。

 

韓流ビデオを売っただけで死刑になる北朝鮮で、K-POPアイドルグループが公演するのは異例中の異例

デイリーNKジャパン編集長の高英起氏によると、「北朝鮮では映像を見ただけで5年以上も教化所に入れられることになり、流通や販売を行えば政治犯収容所送り、または死刑になる。」という。(参照:「韓流ビデオを売ったら死刑」

その国で、韓国芸能人たちが公演をし、更にそれが北朝鮮メディアでも報道されている。
ましてや、「死刑になる国」で、北朝鮮最高指導者との握手などということがどれほどのことか。

会場に入れなかった韓国メディアに北朝鮮 金英哲氏が直々に謝罪ー韓国側に北朝鮮が謝罪するのも極めて異例

今回、公演が行われた北朝鮮平壌の場所に韓国メディアはごく一部を除いて入れなかった。これは、金正恩氏が急遽来ることになり、警備が追い付かず現場が混乱したため、本来入れるはずの韓国メディアが入れなかったといわれている。

その後、韓国メディアが宿泊しているホテルに朝鮮労働党中央委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長が現れ、直接、韓国メディアに謝罪したというのだ。

金英哲氏とは「危険人物」「好ましからぬ人物」と米韓から指定 国連の制裁対象の一人

金英哲は元軍人。金正日政権時代から信頼が厚い。

現在は「スパイを送り込み、テロや破壊工作を行う工作機関とみられている偵察局や統一戦線部の長(辺真一氏談 コリア・レポート編集長)」とされている。

2010年3月に韓国哨戒艦(天安艦)撃沈事件(46人乗務員死亡)と11月に北朝鮮海岸砲による延坪島砲撃事件の主犯と韓国側は見ている。

またアメリカや韓国に仕掛けられたサイバーテロ、ハッカー攻撃も首謀者は金英哲氏とされている。

その人物が、韓国メディアに直接謝罪したのである。もちろん、異例中の異例だ。

過去にも韓国と北朝鮮の合同イベントといったものは開催されてきた。
そこでトラブルがあったとしても北朝鮮側は謝罪することは無かったという。

 

最後にー北朝鮮と韓国の平和は真か偽りか


3月末に金正恩氏が中国を訪問した。北朝鮮最高指導者になってからは初の海外訪問だ。
その際、普段見ることが無い姿を金正恩氏は見せていた。

習近平国家主席との会談では、熱心にメモをとっていた。また緊張した一人の青年のような姿もあった。これは北朝鮮では報道されていない。(中国へ金正恩氏が訪問したことはまた別に書く)

金正恩氏とは何者なのか、北朝鮮はいったいどこへ向かうつもりなのか。

2018年になってからの動きに対し、世界各国では様々な見解が飛び交っている。日本でも専門家による見解は様々だ。

日本は北朝鮮拉致問題が未だ解決されていないから、拉致問題解決の最後のチャンスと話す方もいる。安倍首相は4月中旬の米国訪問時に、トランプ大統領に「米朝首脳会談時に拉致問題のことをあげてほしい」と直に話すとしている。

拉致問題もそうだし、朝鮮半島の平和・安定、核廃棄など全て含め、最後のチャンスなのかもしれない。

いろんな見解があるにせよ、対話すること自体はとても良い傾向だ。

これからも<隣の国>である、韓国と北朝鮮の為に祈り続けたい。

今は平和の時なのだと信じ、祈りと行いの責任を果たしたい。

 

「タイミング」が重要だ。
「タイミングをつかむか、逃すか」で成功と失敗が左右される。

キリストが見つめる世界は60億の人口
全世界230国と
人種、文化で分けて考えません。
キリストは地球を一つの塊
すなわち、一人の人間として見て
愛と平和で地球を抱く者なのです。

歴史を起こす力は
「一つになる」ことからです。

隣りにいる兄弟、人々と一つになることであり
キリストと一つになることであり
神様と一つになることです。

方向と方法で一つになり
備えて一つになり
何よりも愛で一つになることだ
それによって平和の世界をなすのです。

一つになることで歴史を起こすのです。

御言葉 新しい歴史、平和で時間を掴んでこそ勝利するより

投稿者プロフィール

RIO
RIO
東京郊外出身&育ち。保育事業代表。保育士免許&保育園勤務経験あり。
高校生の終わりごろ、摂理の教会に来てから早20年。

◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。祖父、叔父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、コナン、るろ剣、ちいさいひと、正直不動産など(あげたらキリなし)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE、サンドウィッチマン、ホリエモン、せやろがいおじさん
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
ブログにきてくださったみなさまへ 当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクショ等の行為は一切なさらないようお願いいたします。
PAGE TOP