今も続く西日本豪雨の被害ーあの日に見た自衛隊の姿

今も決して豪雨被害が終わったわけではなく、57名の行方不明の方がいます。
避難している方がおり、また避難はしていなくても電気水道ガスなどが復旧せず、物資も届きにくくなってる地域もあります。

「棚から商品が消えている」
「ガソリンが売り切れ」
などのLINEが西日本から届きます。

 

NEWSを見るたびに、いつも思い出すのは
「あの日に見た自衛隊の姿」です。

 

あの日とは、2015年茨城県常総市で起きた豪雨被害です。

自衛隊の方も夜を徹しての作業で疲れ果てたのか
自衛隊の車と車の間のコンクリの上で、複数の人達が横になっていた。
とても頑張ってる人達なのに、ここに寝かせるしかないのか可哀そうに申し訳なくも思った。

 

自衛隊の方々や救助にあたってる方、本当に疲労が激しいと思います。
必ず少しでも癒されますように。

 

また、ニュースでも流れていましたが<無名で人を助ける人々>の存在があります。

本当に全ての人が力を受け、疲れが癒され、日常生活が取り戻せるように心から祈ります。

 

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる