爆破事件 韓国人容疑者「靖国失敗、もう一回」 

目次

再入国した容疑者、理由を供述

靖国神社(東京都千代田区)で爆発音がして不審物が発見された事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国人、全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)が9日の再来日の際、爆発物の材料となる火薬のようなものなどを所持していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。「(11月23日の)靖国神社は失敗。もう1回やろうと思った」との趣旨の供述をしていたことも判明。警視庁公安部は爆発物を仕掛けるため再入国した可能性が高いとみて慎重に調べる。

引用:産経新聞

このニュースは日本のみならず、韓国でもトップニュースで報道されている。男性は事件後、一度帰国したにも関わらず再度入国している。容疑がかかっている状態での再入国であり、朝鮮日報は「捜査線上に浮上している人間の行動としては無謀すぎる。」と伝えた。靖国神社は日韓両国にとって外交上、大きな影響を与える存在だ。「軍国主義の象徴だとしても公共施設の爆破を試みたことは許されない」(朝鮮日報社説)という意見もある。

韓国政府は日本の報道姿勢に対して、日本政府に抗議をしたが菅官房長官は「政府とは無関係のことだ」と述べた。

パリでの同時多発テロ事件以来、日本でもテロに警戒が高まり、今回のことも一部メディアでは当初「テロの可能性がある」と伝えていた。

 

韓国に関しての記事はこちら

韓国で生き別れた姉妹、約40年後に米国で奇跡の再会

本日で日韓国交正常化50年

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる